年に一度のイイニクの日をビリエットで祝う

 毎月29日は肉の日というのは世間にだいぶ浸透してきたが、中でも11月29日は”イイニク”の日で、とても語呂が良くて特別な肉の日だ。イイ肉の日にはもちろん良い肉を食べるしかないではないか!

 ということで、いつもの小岩のトラットリア、ビリエットへ繰り出してきた。毎月スペシャルな肉料理を出してくれるのだが、イイ肉の日には一段とシェフの気合いが入っているようだ。

R0008059.jpgRICOH GR3, f2.8, 1/30sec, ISO100, 0EV
 その特別メニューがコレだ。牛フィレ肉にトリュフとパンの掛け合わせ。これは今までに一度も出てきたことがない料理だ。いったいどれほど美味しいのだろう? 席に着くなり期待で盛り上がる。
 

R0008075.jpgRICOH GR3, f4.0, 1/30sec, ISO640, +0.7EV
 特別な肉の日とあって、いつもよりメンバーも多い。そして贅沢に泡で乾杯した。金曜日だし明日のことなんて気にしない!
 

R0008069.jpgRICOH GR3, f4.0, 1/30sec, ISO320, +0.7EV
 さて、いきなり出てきたこれ。焼く前の巨大なパンのような真っ白な塊だ。これが焼く前の今日のメインディッシュだ。つまり、この真っ白なパンの中に牛フィレ肉が詰まっている。焼き上がりが楽しみだ。
 

R0008079.jpgRICOH GR3, f4.0, 1/30sec, ISO400, +0.7EV
 牛フィレ肉のパン包み焼きが焼き上がるまでの間に、他にもいろいろ美味しいものを食べて待つことにしよう。まずは前菜盛り合わせ。人数が多いとプレートが豪華になる。
 

R0008093.jpgRICOH GR3, f4.0, 1/30sec, ISO320, +0.7EV
 プリモは2品。まずはビリエット名物の目玉焼きのリゾット! トリュフをたっぷりかけた目玉焼きのリゾットは何度食べてもため息が漏れるほど美味い。

 そして写真では背後にボケてしまったのは、新作のアラと言う名の白身魚のラビオリだ。アラの上品な旨味がじゅわっと染み出してこれもまた美味い!
 

R0008101.jpgRICOH GR3, f4.0, 1/30sec, ISO320, +0.7EV
 そうこうしているうちに焼き上がった! まるで巨大なパンではないか。すごい、美味しそう!

R0008103.jpgRICOH GR3, f4.0, 1/30sec, ISO320, +0.7EV
 切り分けられたらこんな姿だった。分厚いステーキが丸々パンの中に入ってたようなものだ。絶妙な焼き加減でちゃんと火が通っているのがすごい。
 

R0008106.jpgRICOH GR3, f4.0, 1/30sec, ISO1000, +0.7EV
 美しすぎるので寄ってもう一枚。タンパク質と炭水化物がたっぷりで、こんな贅沢な食べ物もないだろう。トリュフの香りも効いていて食べても食べても食欲がそそられる。
 

R0008119.jpgRICOH GR3, f2.8, 1/50sec, ISO200, +0.7EV
 最後はもちろんデザート盛り合わせをいただいた。プレートのイラストが色付きになっているのがすごい。あと写真はないけど、料理に合うワインもたくさんいただいたし、最後はエスプレッソと食後のグラッパまで飲んで、久々にフルコースを味わった。

 イイニクの日にふさわしい、とても良い肉料理だった。来月はいよいよ今年最後の肉の日がやってくる。今から楽しみだ。
 


 

関連記事