酔人日月抄外伝

PENTAX K-1改 と RICOH GR3 で撮る写真日記

iPhoneの修理を待つ間に夕暮れの銀座をブラブラする

 iPhone Xのタッチパネルがおかしくなったので、久しぶりに銀座のアップルストアに行ってきた。いろいろ交渉して、パネルを丸ごと交換してくれることになって、ぽっかりと1時間半の空き時間が出来てしまった。しかも暇つぶしのためのiPhoneはない。

 そんなこともあろうかと、カバンに忍ばせておいたGR IIIを片手に夕暮れの銀座をブラブラする。銀座といえばスナップの聖地的な印象があって、多分GR III向きの街。それっぽい写真をイメージしていたけど、そういう写真はやっぱり簡単には撮れなかった。

R0005092.jpgRICOH GR3, f4.0, 1/100sec, ISO 200, 0 EV
 リコーと和光とセイコー。空の色がペンタックスと違う。

R0005095.jpgRICOH GR3, f4.0, 1/50sec, ISO 200, 0 EV
 銀座シックス。GR IIIは被写体に正対して撮るカメラ、というイメージがある。ちなみにこの写真はLightroomで垂直方向補正した。


R0005107.jpgRICOH GR3, f4.0, 0.6sec, ISO 160, 0 EV
 有楽町駅前はカオスでピカピカして夜は綺麗。新幹線が来るまでじっと待っていた。シャッタースピード遅いけど手持ちで撮れた。


R0005098.jpgRICOH GR3, f4.0, 1/30sec, ISO 1250, 0 EV
 悩んでる人。ただの暇つぶしかも。


 1時間半後にアップルストアに戻ったら、ちゃんと修理は完了していた。バキバキだったわけじゃないけど、画面が新しくなると何となくiPhoneごと新しくなった気がして嬉しい。あと、いつかアップルストアの中で写真を撮ってみたい。あそこはスナップ向き光景の宝庫だと思う。