羽田空港から眺める冬の夕暮れ空と富士山と飛行機

 日が短くて晴れると空気が澄み渡るこの時期になると、毎年撮りたくなる写真がある。それは羽田空港第一ターミナルの展望デッキから眺める夕暮れの富士山と空港の風景だ。

 もちろん飛行機好きとしてはマジックアワーの光に照らされた美しい機体が一番の被写体だ。でも、ここは情景豊かな夕暮れの景色と合わせて「風景写真」としての空港を撮りたくなってくる。

 成功しているかどうかは分からない。しかし自分なりに工夫してみたつもりだが、よく見返してみると結局機体をドーンとアップにした写真ばかりだ。飛行機好きだし、場所が空港なのだからから仕方がない。

DSC_0803.jpgNikon D500, AF-S 200-500mm F5.6E ED VR (500mm), f14, 1/125sec, ISO100, -1.0EV
 夕日を浴びるANAのB787-8。機体だけでなく地面のコンクリートも金色に輝いて格好良い。
 
この時間帯、国内線第一ターミナルの展望デッキからは全てが逆光になり、機体だけを綺麗に撮るには向かないが、そこがむしろ良い雰囲気を作り出す。
 

DSC_0893.jpgNikon D500, AF-S 200-500mm F5.6E ED VR (220mm), f8.0, 1/125sec, ISO100, -0.3EV
 スカイマークのBリーグジェット。経営破綻から再建中のスカイマークは日本の航空業界を正常に保つバランサーなので、頑張って欲しい。

 さて、逆光と言っても空がバックになるわけではないので、今時のデジタルカメラなら普通に撮ればちゃんと機体のペイントも写るし、ホワイトバランスもちゃんと撮れてそれっぽい雰囲気が出る。窓が背景に抜けるところが良い。本当はもう少し低い位置から撮りたいところだ。
 

DSC_0902.jpgNikon D500, AF-S 200-500mm F5.6E ED VR (500mm), f5.6, 1/320sec, ISO200, -0.3EV
 1枚目と同じ誘導路を今度は出発機がこっちに向かってやってきた。やはりANAのB787-8だ。エンジンファン外周部が透けてまるで練炭状になっているのが面白い。
 

DSC_0944.jpgNikon D500, AF-S 200-500mm F5.6E ED VR (200mm), f10, 1/320sec, ISO100, 0EV
 午後4時半少し前、もうすぐ日没だ。東京で夕日が地平線ギリギリまで見えることは珍しい。これぞド逆光だがちょうど夕日に正対して駐機していたB777のシルエットが浮かび上がって格好良い。
 
 
DSC_1108.jpgNikon D500, TAMRON 16-300mm F3.5-6.3 Di II VC PZD(300mm), f6.3, 1/60sec, ISO1600, -0.3EV
 スポットを出て出発するJALのB787-8。国内線向けに最近導入されたばかりの新造機だ。すでに日は沈んでいるので、機体に反射しているのは夕焼け空そのものだ。青くもあり赤くもあり、とても微妙な色が美しい。

 ちなみにこの写真、ピント外れてる?と思った人は鋭い。というか、この高倍率ズームはボヤボヤでまったく解像感はなくてこんな感じにしか写らない。さすがに18.5倍光学ズームには無理があると思う。200-500mmより短い領域の望遠ズームを新たに買おうかと思っていたのだけど、Fマウントへの投資は現在凍結中だ。
 

DSC_1174.jpgNikon D500, AF-S 200-500mm F5.6E ED VR (200mm), f5.6, 1/60sec, ISO1800, -1.0EV
 日没から少し時間が経過して、地平線付近の夕焼けが最も綺麗な色に染まる時間帯がやってきた。富士山のシルエットもクッキリ。少し雲が出てきたが、それもちょうど良いアクセントな感じだ。そしてやっぱり国際線ターミナルが良い。

 この景色は何度も何度も撮ってきたが、とても良い。今回も「はぁ〜、本当にキレイ…」と、ウットリしている人が周囲にいた。本当にその通りだと思う。
 

DSC_1257.jpgNikon D500, TAMRON 16-300mm F3.5-6.3 Di II VC PZD(110mm), f5.6, 1/25sec, ISO2800, -0.3EV
 ただ、毎年同じ写真を撮るのも芸がないので、今回は性能が悪いとは言え短いレンズも持ってきてることだし、富士山を背景に流し撮りしてみることにした。灯りの軌跡がうねっているので、明らかに流し撮りには失敗しているはずなのだが、まぁこのくらい写ればとりあえず満足だ。

 しかし、この後急速に空は光を失ってあっという間に真っ暗になってしまうので、夕焼け富士山背景流しが出来るのは、ほんの短い時間だけだった。今度また挑戦してみたいと思う。
 

過去の関連エントリー


 

関連記事