PEUGEOT 308SW GT 満4年経過/12ヶ月点検の記録

 ちょっと遅れてしまったがPEUGEOT 308SW GTの12ヶ月点検を受けてきた。登録は2017年の6月ニクの日で納車は7月1日だったから、満4年が経過したところだ。

 昨年の初回車検までは、新車購入時に抱き合わせになっていたメンテナンスパックが適用されていたので、定期点検の基本作業費用やオイル等の基本的な消耗品、油脂類の交換はすべて無料だった。AdBlueタンクが故障したこともあったが、それらも保証でまかなわれていたので、ガッツリと車のメンテナンス費用を負担するのは久しぶりだったりする。

原工房のいつもの風景

 いつもの原工房さんの風景。みちみちにフランス車が並ぶ中に我が308が紛れている。手前ではレア車となった308GTiが整備を受けている。
 

原工房さんの小物

 原工房さんの室内はいろいろなフランス車グッズその他で溢れている。飲み物も無料だ。とりあえず冷たい麦茶を一杯!
 

4年目12ヶ月点検の請求書

 さて、閑話休題。点検作業で見つかった未知の問題は何もなかった。エンジンオイル、ポーレンフィルター、ワイパーといった定期交換が必要な消耗品を交換してもらった。ここまでの基本作業なら費用は NIKKOR Z MC 50mmF2.8 が買えるくらいで収まっている。

 しかし、その先が今回の12ヶ月点検に伴う整備でお願いした追加の作業となる。バッテリー交換と小物入れの修理だ。
 

PEUGEOT 308SW バッテリー

 今年に入ってからというもの、アイドリングストップをまったくしなくなっていた。アイドリングストップが働く条件には色々あるのだが、新車当時はウザいくらいに小まめに働き、街中のストップ&ゴーだとOFFにしたくなるくらいだったのが、そんな機能はなかったかの如くまったく働かなくなっていた。多分これは…

 そこでバッテリーを調べてもらったところ、かなりへたっていたらしい。もうほぼ寿命と言うことで新品に交換した。L3-760A-70AHのAGMタイプだ。メーカーはよく分からない。以前は黒い筐体だったが新品はグレーだ。なお、部品単価だけで5万円近くなる。ぐぬぬ…。

 特にDIY派ではなくても車のバッテリーくらいは自分で交換… という人も多いと思うが、308のバッテリーは奥まったところにあってちょっと面倒くさい。基本的には「手を出すな!」というメーカー側の意思が見える。軟弱派なのですべてプロにお任せした。
 

小物入れOPEN小物入れCLOSE

 次はセンターコンソールにある小物入れだ。ちょうどシフトレバーやスタートボタンの後ろにある。蛇腹状のスライド式のフタがついていて、深さは結構深い。中には跳ね上げ式のドリンクホルダー(ただしカップサイズでペットボトルには向かない、かつ1個分しかない)もある。

 伝統的に収納が非常に少ないフランス車にあって、ドライバーにとってはわりと重要な小物入れだったりするのだが、このフタが壊れた。それまでスルスルと滑るように開け閉めできていたフタが、ある日動かそうとすると「ガシッ!」とイヤな手応えを感じて動かなくなってしまった。

センターコンソール小物入れ

 走りに影響しない、わりと下らない故障箇所だったのだが、修理作業はそこそこ大事になったようだ。原工房さんで面倒を見ている308は数多くあれども、この部分を交換するのは初めてだったらしい。シフトやスタートボタンなど重要な電装系をはがしつつ、やっと取り出したパーツはこんなプラスチック製のボックスだった。

 分解して取り出してみてフタの部分の構造が分かった。ゴムっぽい柔らかい板状のフタの裏側に、肋のような骨材が何本も通っているのだが、それがフタ本体からはがれてバラバラになり、どこかに引っかかってまくれ上がっていたらしい。

 蓋としての機能を諦めて開けたまま固定して使うか、新品に交換するか… 5分くらい悩んで新品に交換してもらった。これがだいたい中古のsmc DA40mmF2.8 Limited程度の価格がした。分解が大変なので工賃もかかる。
 

原工房さんにて

 ということで、全体では概ねDFA15-30mmF2.8を新品で買っておつりが来るくらいの額になった。バッテリーはいつか替えないといけないものなので仕方がない。昨年にタイヤは交換したばかりなので、しばらく大物はないはずだ(願望)。
 

R0010160.jpg 
 この1年の間、コロナ禍によってほとんど遠出をしてないという自覚があるのだが、走行距離は7,000kmに満たないくらいだった。この数字を見ると逆に思ったより走ってるな、とも思う。チョイノリが多くなった影響かも知れない。この状況はまだまだ続きそうだ。

 原工房さんに行くと半ば冗談混じりの挨拶として「飽きてない? まだ乗り換えない?」と聞かれる。うん、まだなのだ。まだこの車で果たすべき使命を果たしていないから。

 と言うのは、車で行きたいなぁ… という旅の計画がぼんやりとある。それならディーゼルがいいな、と思ってこの308SW GTにしたつもりだった。

 しかしその計画はまだ実行されていない。いつでもいけると思っていたのだが、そうこうしているうちに、こんな社会状況になり、308SW自体はタイヤやバッテリーも寿命が一巡しただけでなく、物入れの蓋が開かなくなるみたいな、しょうもない壊れ方をし始めて、ちょっと焦っている。

 次の車検を迎えるまでになんとか実行したいと思っているが、どうなるか分からない。
 

関連記事