営業運航開始からもうすぐ半年!ANAのA380 FLYING HONU 2号機を撮りに行く

 ANAのA380がホノルル線に就航したのは5月末。7月からは2号機のJA382Aも投入されて現在は週10往復運航されている。就航前に初号機JA381Aが慣熟飛行していたときに一度撮りに行ったが、2号機はまだ未撮影だった。

 11月になったばかりのよく晴れた土曜日。ふと思いついてFlightradar24を確認すると、その日の夕方に2号機がNH183便として成田に到着するようだ。よし撮りに行こう!

IMGP8565.jpgPENTAX K-1改, DA*300mm F4 ED [IF] SDM, F6.3, 1/1000sec, ISO200, 0EV
 家を出たところでは北風運用されていたのだが、成田に到着する頃にはランウェイチェンジしていた。だからいつも通りさくらの山に向かう。いつも通り混んでいたが、なんとか車を停めることは出来た。

 待つこと約1時間。北の空から巨体はやってきた。日没まで1時間ほどということですでに日差しは夕方のようだ。
 

IMGP8573.jpgPENTAX K-1改, DA*300mm F4 ED [IF] SDM, F5.6, 1/1000sec, ISO200, 0EV
 初号機JA381Aとの違いは、まずカラーリング。1号機のブルーに対して2号機JA382Aはグリーンになっている。そして機首操縦席後ろ付近の”目”が笑っているところも初号機とは異なっている。3号機はどうなるんだろう?
 

IMGP8583.jpgPENTAX K-1改, DA*300mm F4 ED [IF] SDM, F6.3, 1/1000sec, ISO200, 0EV
 風もない穏やかな日だったので、着陸もスムーズだった。A380の巨体は間近に見ると本当に迫力があって格好イイ。
 

IMGP8607.jpgPENTAX K-1改, HD D FA* 70-200mm F2.8 ED DC AW(115mm), F7.1, 1/800sec, ISO200, 0EV
 FLYING HONU2号機の直後、成田ではおなじみのタイ国際航空のA380が続いてやってきた。

 飛行機を撮るとなるととにかく長いレンズを使いがちだが、さくらの山では引き気味で地上の風景を入れるのも定番だ。なので70-200mmに付け替えて挑戦してみた。なるほど!
 

IMGP8705-Edit.jpgPENTAX K-1改, HD D FA* 70-200mm F2.8 ED DC AW(100mm), F2.8, 1/30sec, ISO3200, -1.0EV
 実はこの日、2号機の1時間くらい後にNH181として初号機JA381Aもホノルルから成田に向かっていた。なるべく光があるうちに到着して欲しい!と願っていたが、A滑走路が一時閉鎖されホールドされたりしたために、完全に真っ暗になってからようやくアプローチしてきた。
 

IMGP8716-Edit.jpgPENTAX K-1改, HD D FA* 70-200mm F2.8 ED DC AW(78mm), F2.8, 1/20sec, ISO3200, -1.0EV
 残念ながらピントも怪しいしノイズだらけだしブレブレだがとりあえず撮ったというアリバイだ。

 ハワイ便は夜出発で夕方到着なので、A380を2機抑えるならもうちょっと日が長い時期の方が良さそうだ。もちろん、夜景流し撮りが完璧に決まるならそれに越したことはない。
 

IMGP8780-Edit.jpgPENTAX K-1改, HD D FA* 70-200mm F2.8 ED DC AW(100mm), F2.8, 1/30sec, ISO3200, -2.0EV
 せっかくこの時間まで居残ったので、エミレーツのA380まで待っていた。

 A380は失敗作として世界中の航空会社ですでに引退の方向に向かっている。成田はこうして半日で4機も見られる(午前中にはシンガポール航空も飛んでいる)のだから、今のうちに総贅沢を味わっておこうと思う。

 あと、やっぱり乗らなくてはならない。SFC修行開始してホノルル弾丸往復でもするか…?
 

関連記事