もしかしたらイヤホン沼にはまったかも知れない

 新しいiPhoneに合わせて新しいイヤホンを買ったばかりなのに、さらに新しいイヤホンを買ってしまった。イヤホンの世界はカメラのレンズと同じくらい沼は深いと言われている。怖い。

 さて、今回買ってしまった新しいイヤホンというのは、有名どころのSENNHEISER MOMENTUM True Wirelessで、最近流行のケーブル無し左右独立型だ。

 このタイプは「耳うどん」に限らず装着した姿があまり好きではないし、重たくて装着感が悪そうと思い込んでいて検討対象に入ってなかったのだが… どうやら食わず嫌いだったようだ。

IMGP8226.jpg 
 ある日会社の同僚から「こんなの買っちゃった」と自慢されたのがこれだった。試してみて良いよと言うので、実際に装着させてもらい、彼のiPhoneの中に入っている音楽を聞いてみた。そして驚いた!

 今まで使ったことのあるどんなイヤホンよりも装着感が良く、音もBluetoothのACCとは思えないほど厚みが感じられた。なにこれ欲しい!と、その時は口に出さず努めて冷静に振る舞ったけど、実際は動揺していた。
 

 で、かなり良いお値段するので、1週間ほど悩んで結局買ってしまったのだ。まったく同じものを。なお、お揃いになってしまったことはその同僚にはすでに告白済みだ。
 

IMGP8225.jpg 
 さて、内容物は↑こんな感じで本体、交換用のイヤーピース各種サイズとケーブルまでは順当なところだが、完全独立分離式イヤホンと言うことで、ケース兼充電ボックスが付いているのがケーブル付きタイプと違う点だ。
 

IMGP8231.jpg 
 本体はこんな感じ。普通のケーブル式のイヤホンよりは大きいが、見た目ほど重たくはない。

 装着時に外を向くロゴ入りのシルバーの部分はタッチセンサーにもなっていて、再生や停止などの基本操作が出来る。タッチ操作用以外に何かセンサーが入っているらしく耳への装着と取り外しも自動で検知しているようだ。

 さらに、本体にはマイクが内蔵されているのでハンズフリー通話も出来るし、音楽を聴きながらでも周辺環境音を聞くことも出来る。このタイプハイいちいち取り外さず、付けっぱなしで使うのが正しいのだろう。なるほど。

 装着はストンと耳の上に置く感じだ。かと言ってユルユルですぐに外れそうと言うこともない。カナル型のように耳の奥にグイグイ押し込む必要もなく、なのにイヤーピースがきちっと合うと遮音性は非常に高くなる。しかも全然疲れない。この遮音性と装着感のバランスの良さが一番気に入った点だ。
 

IMGP8234.jpg 
 ケースはこんな感じだ。イヤホン本体は磁石でカチッと嵌まるようになっている。このケースに本体を戻すと自動的にスマホとの接続は切れて電源OFFになり充電が始まり、逆に取り出すと自動的に電源ONになってスマホと接続される。ホントに賢い。
 

IMGP8236.jpg 
 ちなみにこのケース自体にも充電池が入っているので、ケーブルに繋いでいなくてもイヤホンを充電することができる。このケースだけでイヤホン本体フル充電約2回分の容量があるそうだ。

 なお充電ポートはUSB-Cだ。気がつけばiPhoneを除いて身の回りの機器はほとんどがUSB-Cになってきているから、特に専用のケーブルを持ち歩く必要はない。
 

IMG_4338.jpg IMG_4342.jpg IMG_4339.jpg

 最近の製品らしくスマホアプリが用意されている。接続状況や電池残量の確認、様々な設定変更からイコライザの設定、さらにファームウェアアップデートまでこのアプリから出来る。いまやこうしたアプリの出来も重要なポイントだ。さすが大手メーカーらしく、洗練されていて安定していてよく出来ている。
 

IMGP8799.jpg 
 ということで、値段が高いなりにとても良い製品で気に入った。おかげで1ヶ月半前に買ったばかりのBackBeat GO 410は結局使わなくなってしまった。アクティブ・ノイズキャンセリングはなくても、イヤーピースの遮音性が高いから、オフィス内の雑音くらいはまったく問題ない。

 唯一最大の問題は電池寿命だ。一応連続使用時間は4時間となっている。4時間ずっと聞きっぱなしと言うことはないが、1日の総試用時間はそのくらいになることはあり得る。

 使わないときにその辺に補織り出さず、ちゃんとケースに戻すなどしっかりと充電管理する必要がある。あとは電池がヘタってくるとどうなるかが心配だ。

 なお、コンプライの対応品があると言うことなので、付属のイヤーピースは使わずすぐに交換してしまった。適合する製品はTs-167だ。ケースにも問題なく収まるし、遮音性は桁違いに高くなる。おかげで低音も響きやすく音場も安定し、没入感が格段に上がる。

 で、MOMENTUM True Wirelessを「とても気に入った」と言った舌の根も乾かぬうちに…すでに次のイヤホンが気になっている。

 これだ。「耳うどん」あらため「耳ドライヤー」。左右独立式でアクティブノイズキャンセリング入り! ついこの前発売されたばかりで今はかなり品薄のようだ。短くなったとは言え「うどん」部分がやっぱり気になるが、うーん、これは試してみたい。というか欲しい…。

関連記事