9ヶ月ぶりに小岩ビリエットで10月の肉の日を祝う

 毎月29日は全国的に肉の日だ。今年の2月までは美味しい肉料理が食べられるお店に出かけて肉の日を祝っていたが、それもコロナ渦になって2月以降は出来なくなっていた。3月もお店は予約していたのだが、直前になってキャンセルしたことを思い出す。あの頃はもう外に出ること自体とても危険という雰囲気だった。

 いまも感染拡大は収まっているとは言いがたい状況だが、3月のように何がなんだか分からないという怖さはなくなって、なんとなく日常生活との折り合いを付ける方法が見つかってきた感じだ。もちろんそれが正しいのかどうか分からないし、今後どうなるか予断は許さないのだが。

R0000758.jpgRICOH GR3, f2.8, 1/25sec, ISO1250, 0EV
 とにもかくにも、そろそろ大丈夫ではないか?ということで、9ヶ月ぶりに小岩のビリエットに出向いて、お店で肉の日を祝うことにした。お店自体もしばらくはテイクアウトのみ営業だった時期もあるのだが、その後夏からはコロナ渦とは別の理由でしばらく休業していて、今月末からようやく再開したところだったのだ。
 

R0000768.jpgRICOH GR3, f4.0, 1/50sec, ISO1250, +0.7EV
 何度かテイクアウトしたこともあるのだが、やはりお店で食べるのが一番美味しい。再開第一弾の肉の日メニューは「エゾジカ盛り合わせ」だ。うん、久しぶり!
 

R0000761.jpgRICOH GR3, f2.8, 1/125sec, ISO1250, +0.3EV
 さて、9ヶ月ぶりの再開&再会を祝ってグイッとイタリアンビールで乾杯しよう!
 

R0000766.jpgRICOH GR3, f4.0, 1/100sec, ISO1250, +0.3EV
 なつかしい前菜盛り合わせ。牡蠣のムースとかラタトゥイユとか赤貝のマリネとか、まんなかにあるのは水牛のモッツァレラチーズ! そして自家製の生ハムも。すごい美味い。
 

R0000778.jpgRICOH GR3, f4.0, 1/100sec, ISO1250, +0.7EV
 そしてさっそくメインがやってきた。エゾジカのテリーヌ、レバーとハツのカルパッチョ、そしてロースのグリルだ。美しい!
 

R0000786.jpgRICOH GR3, f4.0, 1/40sec, ISO1250, +0.7EV
 さらに別皿でやってきたのはバラ肉の赤ワイン煮込み!
 

R0000784.jpgRICOH GR3, f4.0, 1/100sec, ISO1250, +0.7EV
 いずれもエゾジカのお肉なのだがジビエらしい臭味とかまったくない。しかし牛や豚とはちがう何とも言えない旨味がある。

 なお付け合わせのマッシュポテトとザワークラウトも超美味しかった。
 

R0000794.jpgRICOH GR3, f4.0, 1/125sec, ISO1250, +0.7EV
 さて、エゾジカのお肉をたっぷり味わったところで〆の炭水化物を頼んだ。イタリアンのコース的には順番がちがうが、そんな細かいことは誰も気にしない。ということで、これもまた久しぶりの
トリュフと目玉焼きのリゾット!

 本当はボルチーニ茸のリゾットが目当てだったのだが、まだ入荷してないそうだ。残念! いやいや、目玉焼きのリゾットも相変わらず絶品だ。黒トリュフの香りが素晴らしい。
 

R0000797.jpgRICOH GR3, f4.0, 1/30sec, ISO1250, +0.7EV
 ということで、久々のビリエットを満喫した。この写真では誰もいないが、店内は軽くテーブルが埋まる程度にはお客さんが入っていた。以前のように満席と言うことはないが、今はそれくらいでちょうど良いのだろう。

 まだ再開食後で本格稼働してない部分もあるようだが、このままゆっくりといろいろ回復していってくれればと思う。

 従来の月曜日以外にしばらくは臨時休業日があるようなので、お店のFacebookページまたは電話で確認することをお勧めする。
 

2020-11-01|タグ: , , ,
関連記事