INDUSTRIA製のGRロゴ入り限定ケースとストラップを買った

 ずいぶん前のことになるのだが、RICOH GR3用の新しいケースとストラップを買った。

 約2ヶ月前の3月中旬に行われたオンラインイベント「GR SNAP Weekend」を何気なく見ていたら、最後になって突然、GRロゴ入りのケースとストラップを限定販売するというではないか。そのままチャットに流れてきたリンクを踏んで即発注してしまった。

 ベースとなっているのINDUSTRIAというブランドのGR用スリーブとフィンガーストラップだ。普通に販売されているものだが、これにGRロゴが刻印されているのが限定品の限定たる所以だ。残念ながらもう受注は終了してしまったようだ。
 
INDUSTRIA パッケージ

 届いたモノはこんな感じだ。スリーブの方はけっこうちゃんとした箱に入っている。が、フィンガーストラップはわりと簡易包装だ。

 正式な商品名は「INDUSTRIA GRスリーブ GRロゴ刻印モデル」と「INDUSTRIA GRフィンガーストラップ GRロゴ刻印モデル」だ。
 

INDUSTRIA GRケースとGRストラップ

 中身を取り出してみた。本当に何も考えずに注文ボタン押したので良く覚えていないのだが、どちらもカラーバリエーションはなく、この色のみだったと思う。

 なお、ブラックベースでブラウンで縁取りされているスリーブは、このGRロゴ刻印モデルだけのオリジナルのようで、レギュラー品にはない色の組み合わせだ。
 

INDUSTRIA GRケースに収めたGR3

 さっそくスリーブにGR3を入れてみるとこんな感じだ。両サイドが幅広のゴムバンドで接続されているだけで、もちろんサイズはぴったりGR3に合わせてあるのだが、まだ新品だからだろうか、かなり固いというかきつい。シンプルな構造の割に出し入れはけっこう気を使う。

 なお素材は本物の牛革だ。使い込むと味が出てくるかも知れない。水に濡らしたりしないように気をつけよう。
 

INDUSTRIA GRストラップ

 フィンガーストラップの方は二つに分離する構造になっている。スナップボタンは十分に固いので、使ってるときに不用意に外れてしまう心配はないだろう。なおこちらも本牛革製だ。
 

INDUSTRIA GRストラップを取り付けたGR3

 GR3に取り付けてみるとこうなる。フィンガーストラップという名前の通り、指を通すだけのもので、グリップの仕方は工夫しないといけないだろう。公式ストアに使用中のイメージ写真があるが、中指と薬指だけをストラップに通し、小指は余らせて握るものらしい。

 個人的にはグリップ性を向上させたりするものではなく、見た目と持ち運び時の指かかりのためのストラップだと思う。確かにGRには使い勝手も含めて合ってるのだろう。
 

INDUSTRIA ケースとストラップを取り付けたGR3

 もちろんフィンガーストラップをつけたまま、スリーブに収めることも可能だ。ギュウッと押し込む感じなるが、その辺の使い勝手はスリーブ側がもう少し馴染んでくるのを待とうと思う。
 

 ところで、最近全然GR3を使っていない。外で食事をすることも旅行に行くことも皆無となり、それ以外にも外出することがめっきり少なくなった。その結果そもそもGR3を持って出かけることがなくなってしまったからだ。もちろん新しいカメラを買ったせいもある。

 いずれにしろ、今度機会を見つけてGR3を持って散歩に出かけようと思う。

 ここで、どさくさに紛れて今年に入ってからGR3で撮った写真の中からボツ作を3枚だけか貼っておこうと思う。

R0009732.jpgRICOH GR3, f4.0, 1/160sec, ISO100, -0.3EV
 きれいな夕焼け。 

R0010030.jpgRICOH GR3, f5.0, 1/100sec, ISO100, +0.3EV
 道端で出会ったハト。

R0009878.jpgRICOH GR3, f4.0, 1/30sec, ISO640, 0EV
 とても美味しかったホタルイカ。また美味しいものを食べに行きたい。
 

 リコーイメージング公式ストアでGR刻印なしのレギュラー品は引き続き販売されている。色もブラック以外にブラウンとネイビーがそれぞれ選べる。
 

2021-05-23|タグ: , ,
関連記事

コメント1件