新小岩の「二代目 太郎」で半年ぶりの江戸前寿司を堪能する

 前回寿司を食べたのはいつだったろうか? 北海道スキーの帰り道に小樽に寄って食べた回転寿司? いや、そのあとに2月になってから「二代目 太郎」でがっつり食べた記憶がある。その後新型コロナ騒動が始まって、握りセットやばらちらしをテイクアウトをしたりもした。

 それはそれで美味しかったのだが、自宅ではお酒を飲まない自分としては、やはり日本酒をちびちびやりながらお店のカウンターで美味しい寿司を食べたい。大将にネタのウンチクを聞き、世間話をしながらゆっくりと泥酔していきたい。

R0000570.jpgRICOH GR3, f4.0, 1/30sec, ISO640, -0.7EV
 ということで、約7ヶ月ぶりに行ってきた。新小岩にある大人気寿司店「二代目 太郎」だ。営業時間規制(要請)もなくなり、普通に営業していた。今のところなんとかコロナ渦を乗り越えているようだ。良かった!

 張り紙にあるとおり、今でもテイクアウトはやっている。「づけまぐろ穴子丼」とか美味そうだ。食べてみたい… が、今日はいつものお任せ正統派のにぎり鮨コースだ。
 

R0000591.jpgRICOH GR3, f4.0, 1/30sec, ISO400, 0EV
 いきなりネギトロの手巻き。信じられない美味さだ。
 

R0000576-Edit.jpgby RICOH GR3
 最初はお造りがこれでもかとばかりに出てくる。皮がほんのり炙られたカツオはなんて美味しいのだろう。他にも八丈島産のシマアジとかブリとかシメサバとか。本当に美しいお刺身が出てきた。あぁ幸せ。
 

R0000606.jpgRICOH GR3, f4.0, 1/30sec, ISO250, 0EV
 そして毛ガニに続き…
 

R0000614.jpgRICOH GR3, f4.0, 1/30sec, ISO500, 0EV
 生しらす! 寿司になっている! なんてことでしょう。
  

R0000631.jpgRICOH GR3, f4.5, 1/30sec, ISO800, 0EV
 続いて焼き物だ。左上に丸まっているのは秋刀魚。骨も抜いてあるのでこのままパクッと飲み込めてしまう。ジュワーッと容赦なく秋刀魚の脂の旨味が口中に広がる。

 そして真ん中の串は三河産の鰻。あぁ、そう言えば鰻も最近食べてないな…。
 

R0000636.jpgRICOH GR3, f2.8, 1/30sec, ISO160, 0EV
 ほんのりチーズが香る茶碗蒸しを頂いたら、いよいよ握りが始まる。
 

R0000658.jpgRICOH GR3, f2.8, 1/30sec, ISO400, 0EV
 今年は新子の季節にここを訪れることが出来なかった。でもコハダも美味い。新子はまた来年を楽しみにしよう。
 

R0000640-Edit.jpgby RICOH GR3
 勝浦産の金目鯛、大トロ、赤貝に車海老。エビはサッと湯がいたやつがオススメと言われたのだが、あまのじゃくなので生でくれと言い張った。
 

R0000663.jpgRICOH GR3, f4.5, 1/30sec, ISO1000, +0.7EV
 そして最後にこれ。あぁ、言葉にならない。

 市場の様子を聞いてみたら、魚はそんなに流通量や値段に変化はないそうだ。が、焼き海苔は値崩れしているとかで、良い海苔が安く手に入るとか。あと日本酒も普段手に入らない幻の銘柄を良く見かけるらしい。
 

R0000692.jpgRICOH GR3, f2.8, 1/30sec, ISO400, 0EV
 日本酒もたっぷり頂いた。年々早まっているひやおろしも出回っている。切子や錫(風の)グラスでちびちびと美味しい日本酒を舐めながら、美味しいお刺身や寿司を食べられるなんて本当に贅沢だ。
 


 できれば一月に1回くらいはこんな食事が出来るような社会情勢になってほしい。その前に、そういう身分になるほうが問題なのだが。
 

関連記事